肝臓はどんな働きをしているの?

肝臓は、なかなか症状がわかりにくい臓器であることから沈黙の臓器などといった呼び方もされていますが、実はとても頑丈な優秀な臓器となっています。そんな重要な臓器はいったいどのような役割を果たしているのかというと良くわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこで肝臓は、どのような働きをし、どのような役割を持っているのかちょっと考えてみましょう。


主な働きは?

肝臓の働きは実際にはとても多くあり、その種類は500種類以上になると言われています。これだけ多くの働きを行っているのですから、いかに人間の体にとって肝臓が重要なものとなっているかも想像ができるでしょう。

実際に肝臓の働きはというと

  • 代謝
  • 解毒
  • 胆汁分泌

というのが肝臓の持つ主な働きとなっています。肝臓は体内の代謝の中心となっている臓器です、特に糖質、タンパク質、脂肪といった3大栄養素など体に取り入れる物質のほとんどは、肝臓によって代謝されることになります。

ということは肝臓がきちんと機能しないと、うまく物質を代謝することができず体の不調にも関わってくるということになります。

解毒はそのままの通り、体にとって毒となるものを必要なものへと変えて尿などで排出する働きをしています。毒といっても身近なところではアルコールなどがこれにあたります。

お酒を飲むと肝臓でアルコールが分解されて排出されます。ですが肝臓にも許容量がありますから、許容量以上のアルコールを摂取してしまうと解毒されずに残ってしまった成分によって二日酔いなどの症状が出ることがあります。肝臓とアルコールはきっても切り離すことのできない関係なのです。

胆汁に関しては、脂肪などを吸収しやすくするという役割があり、食事などを摂った際に分泌されるものとなっています。この胆汁を古くなった赤血球から作り出しているのが肝臓ということになります。

こういったように健康的な生活を送るためには、肝臓はとても重要な役割を持っているということがわかるでしょう。逆に言えば肝臓にトラブルが現れることで体の不調につながるということになってきます。


肝臓の病気にはどんなものがあるの?

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれるほど症状がなかなか出ない、とても我慢強い臓器です。臓器の中でも最も大きな臓器となっており、その役割も多岐に渡っています。そんな肝臓の病気には、どのようなものがあるのでしょうか?

肝臓の病気は、なかなか症状というものがはっきりせず、簡単に肝臓が悪いと判断することが難しいという場合もあります。ですがちょっとした体の変化に気を付けることはできますから、日ごろから体の変化を簡単に考えないようにすることも大事なことでしょう。


肝臓の病気

  • 脂肪肝
  • NASH
  • ウイルス性肝炎
  • 肝のう瘍
  • アルコール性肝障害

上に挙げたようなものなどは肝臓の病気の中でも時には耳にしたことがあるのではないかと思います。他にも様々な肝臓にかかわる病気があります。

肝臓の病気の場合には、はっきりと症状がわかるような時期ではかなり症状が悪化してしまっているということもあります。ですから日ごろから気を付けることがとても大事なことなのです。

肝臓の病気では最初はそれほど重篤な病気ではなかったものが、症状に気が付かずにいる間に肝臓癌などにまでなってしまうということもあります。

ですから日ごろから肝臓をいたわることは、とても大事なことです。病気になっても肝臓はある程度まで自分で回復することができる臓器とも言われています。ですが、それも健康な状態の肝臓であった場合の話で、日ごろから元気な肝臓を心掛けることも大事なことになってきます。

多くの働きを持つ肝臓が元気であることは、元気で健康な体を維持する為にもとても大事なことなのです。


肝臓が悪いと起きる症状とは?


  • 現代人に多い脂肪肝について

    肝臓に脂肪が蓄積されるようになると脂肪肝という状態になりますが、脂肪は皮下につくタイプだけでなく内臓につくタイプもあり、内臓脂肪がつきやすい...

  • 肝臓のちょっとしたサインを見逃さないで!

    肝臓の病気にもいろいろなものがありますが、病気というだけでなく肝臓は体の中で様々な役割を持つ臓器となります。そのため肝臓が弱くなることで体に...